スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護側「極めて不誠実だ!」 検察側も「異議あり」を連発(産経新聞)

【足利再審 元検事語る(8)】

 《宇都宮地裁で開かれている足利事件の再審第5回公判。弁護側の質問は、足利事件の公判における菅家利和さん(63)の自白の取り扱いに及んでいる。早口でまくし立てるように質問を繰り出す弁護側に対し、厳しい質問に疲労がたまってきたのか、崩れた姿勢でいすに座る証言台の森川大司・元検事。手元に置かれた資料に目を向けながら、質問に答えていく》

 弁護側「菅家さんが(平成5年3月25日の)第9回公判の最終陳述まで自白していたとしたのは、(平成4年)12月7日の否認供述を隠していたためですね」

 森川元検事「隠していたのとは違う」

 《森川元検事の答えが乱暴になった》

 弁護側「否認供述を隠したのはなぜですか」

 森川元検事「必要が認められなかったからです」

 弁護側「あなたは、菅家さんが否認に転じたのは第三者が影響したかのように話しましたね」

 森川元検事「記録にあるなら、その通りだと思います」

 《当時の公判で、森川元検事が述べたことを事細かに質問していく弁護側。森川元検事の記憶も曖昧(あいまい)なため、はっきりしない答えが続く》

 弁護側「(平成5年3月11日に行われた1回目の論告後、菅家さんが無実を訴える手紙を当時の弁護人に出すなどしたことから、改めて行われた5年6月24日の)2回目の論告公判で、『菅家さんが否認に転じたのは家族以外の第三者の影響を受けた』としましたね」

 森川元検事「書いてあればそうだと…」

 《語気を強めて矢継ぎ早に質問を繰り出してくる弁護側に対し、森川元検事は言葉の節々であからさまにいらだちをあらわにする。答えを誘導するような質問や、弁護側の意見に近い質問も増え、検察側から「異議あり」の声が再三にわたって飛んだ。それでも、質問を制止しようとする検察側に、弁護側は「必要な質問だ」とくってかかった。見守った佐藤正信裁判長もあきれ顔で、「思い出した前提で聞いてください」とまで言い放った》

 弁護側「菅家さんは無実だと考えますか」

 森川元検事「再審の証拠関係に影響を与えるので答えられません」

 弁護側「あなたはまだ、菅家さんが犯人だと思っているのですか」

 森川元検事「…」

 弁護側「極めて不誠実だ!」

 《弁護側の厳しい発言が、法廷内に響いた。反論する様子のない森川元検事。菅家さんも、目を閉じ、弁護側席に深く腰掛けたままやりとりに聞き入っている》

 弁護側「菅家さんは、自分から進んで虚偽の自白をしたということですか」

 森川元検事「自白しろと強要したことはない。質問に答えたということです」

 弁護側「裁判所が、(平成4年)12月7日の取り調べテープの中身を知っていれば、判断が変わったこともありますよね」

 森川元検事「それは分かりません。当時は、私はそう判断しなかった」

 弁護側「あなたの論告がまったくデタラメだったとすると、判決が変わっていたのではないですか。こうしておけば、このような事態を起こさなかったと、反省することはありませんか」

 森川元検事「私には分かりません。最高検で検証していて、再審の証拠関係は分からず、個人的な感想や憶測をいうのは差し控えたい」

 《森川元検事の語気が強まった》

 弁護側「何も考えていないのか」

 《弁護側も負けずと声を荒らげる》

 森川元検事「考えていないわけではないが、述べるのは差し控えたいと思います」

 弁護側「証人がこの法廷で証言するのは、取り調べの結果をテープに録音していたからではないですか」

 森川元検事「それは分かりません。裁判所から召喚状が届いたので来ただけです」

 《ここで弁護側は、さらに質問するかどうかを協議するため、15分の休廷を挟むよう裁判長に求めた。午後3時17分に休廷を告げた裁判長に退廷を促された森川元検事は、証言席からすっと立ち上がると、足早に傍聴人席を通り抜けて法廷を後にした。目を閉じたままの菅家さんは、森川元検事が退廷すると腕を組み、下を向いて不満げな表情をみせていた》

     =(9)に続く

<伊方原発>「耐震安全性評価は妥当」…国の原子力安全委(毎日新聞)
石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述(産経新聞)
<お別れの会>荒田俊雄さん=元日本精工社長 2月23日に(毎日新聞)
「THIS IS IT」初回200万枚 渋谷で記念イベント(産経新聞)
亀井氏「国民の相当数、冷静な判断能力ない」(読売新聞)
スポンサーサイト

亀井氏の「うるさい」発言で臨時閣僚懇 首相が閣僚に注意(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は28日午前、亀井静香郵政改革・金融相が27日の参院予算委員会の答弁で野党のやじに対し「うるさい」と発言したことを受け、臨時の閣僚懇談会を招集。閣僚に対し、「不規則発言をしないようにお願いする」と述べ、自制を求めた。平野博文官房長官も「閣僚の不規則発言は誠に遺憾だ。閣僚の立場を踏まえ、不規則発言は厳に慎み、予算案の早期成立に努めてほしい」と注意した。

【関連記事】
亀井氏「うるさい」発言で参院予算委理事会紛糾 2次補正今夕成立
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで
“やじ最強”3閣僚を名指しで抗議 自民
鳩山首相の政権運営は「練習」だったの?!
菅、亀井氏はヤジ将軍? 閣僚席はまるで野党席

篠山紀信さん違法性認める=公然わいせつ容疑で書類送検へ-屋外ヌード写真集撮影(時事通信)
高齢者宅に5時間居座り、効能偽り温灸器販売(読売新聞)
福島氏、求心力にかげり…対民主の不満根強く(読売新聞)
首相動静(1月26日)(時事通信)
全精社協会長、起訴内容認める=補助金不正受給で初公判-大阪地裁(時事通信)

“産着” 真っ白な絹で レンタル始めてから購入者増加(産経新聞)

 ■お宮参りの正装として好評

 生まれたばかりの赤ちゃんが初めて袖を通す産着に、真っ白な絹の着物が好評だ。「絹が輝いて子供が玉のよう」「丈夫でまっすぐ育つアサの紋様に健康を祈った」。赤ちゃんを抱く親や祖父母から、お宮参りの正装にもなると喜ばれている。ベビー服に押され、廃れつつある絹の産着をきっかけに新しい家族を迎える笑顔があふれている。(牛田久美)

 ◆魔よけの“背守り”

 真っ白な絹の産着を仕立てているのは東京都江戸川区、和服仕立て職人、内田勝己さん(90)。三笠宮家や高松宮家のお着物のほか、横綱双葉山、初代若乃花、栃錦ら角界力士、歌舞伎役者らの和服を仕立ててきた。今も現役だ。

 絹の産着は、廃れつつあることを憂う勝己さんと、長男の仕立て職人で着物仕立て販売業「真和」(TEL03・3657・4513)社長の勝三さん(59)が復活に取り組んでいる。水天宮などでチラシを配っても反応は思わしくなかったが、レンタルを始めてから「絹の輝きを受けて一層かわいらしく感じた」「『この子のために頑張っていこう』と、親としての幸福と責務を強く感じた」などの感想が寄せられ、購入者も増えてきたという。

 退院時の着用のほか、命名のお祝い、親類や友人への初お披露目、お宮参りの正装としても好評。絹は国産で、背にはアサの葉の背紋がある。「虫がつかず丈夫でまっすぐ育つアサにあやかり、江戸のころから背に縫った」(勝己さん)。産着は1枚の生地で仕立てるため、後ろから魔物が入り込まないよう魔よけとした“背守り”だという。

 初孫に産着を贈った和歌山県海南市の主婦、山本衿子さん(51)は「次の子が生まれたらまた贈りたい。代々着てほしい」。孫への贈り物が多いことについて、勝三さんは「親子のきずなが薄れている今、3世代の交流に着物が役立つのはうれしい」。

 ◆リメークも特徴

 勝三さんは昨秋、奥村晋・元少年鑑別所長の講演で「祖父母は子の現在を見て、両親は子の未来を見ている」と聞き、父、勝己さんの顔を思いだした。

 「昔、弟子が生地を裁ち間違えると、父は『だーいじょうぶ、だいじょうぶ』と笑って、泣きじゃくる弟子のそばで弁償や代替の反物のことを考えた。現代の子供も、子供のためにしかる親と、『だいじょうぶ』と受け止めてくれる年長者ら多くの見守りの中で育ってほしい。産着で優しく包み、みんなで抱いて話しかける、すべてのコミュニケーションはここから始まるのではないかと思います」

 ちなみに、お宮参りで絹の産着の上に掛ける色物の女児の掛け着は、肩と腰を縫いつまみ、袖に丸みをつけると3歳の七五三でも着ることができる。着物はこうしてリメークできるのが特徴で、花嫁の白い打ち掛けも後に産着に作り直すことを考えた習慣だった。

 絹の産着は4万8千円からで、レンタルは3泊4日で9450円。

                   ◇

 ■綱渡り状態の着物産業

 きもの流通新聞の安仲徹男社長によると、着物の小売市場は昭和50年代前半の2兆3000億円をピークに、平成21年までに約3500億円まで縮小した。とりわけ、サブプライム問題が表面化した一昨年夏以降はかなりの落ち込みという。

 絹の産着について、安仲さんは「市場規模は小さいが、お宮参りを継承しようという家が増えているようだ。着物産業は染め、洗い、仕立てなど完全に分業で成り立ち、綱渡りの状態。これ以上需要が減ると技の継承が難しいところまで来た」と話している。

名護市長選、投票終わる=普天間移設に影響(時事通信)
民家火災で2人死亡=妻と長女か-横浜(時事通信)
<巻きずし商標権>イオンが逆転勝訴…大阪高裁判決(毎日新聞)
産業ガスで価格カルテルか=大陽日酸など十数社立ち入り-公取委(時事通信)
小沢氏聴取、関与否定=虚偽記載「把握せず」-「裏献金は事実無根」・東京地検(時事通信)

仮面夫婦TOSHIと香夫人 応援団もつくドロドロ合戦(J-CASTニュース)

 人気ロックバンド「X JAPAN」のTOSHIさん(44)が、自己啓発セミナーの主催団体「ホームオブハート」とたもとを分かち、香夫人(40)と離婚調停に入っていることをSNS「ミクシィ」上で発表した。その中で、TOSHIさんは、過去の自らの書き込みについて「自らの意思とは反して偽りを伝えた」ことについて異例の謝罪を行った。

 一方、香夫人側はブログで「何がおきてしまっているのか…わかっていないのです」と綴っており、困惑している様子だ。それぞれのコメント欄には、擁護コメントが多く付いており、両陣営の「応援合戦」ともいえる状況が繰り広げられている。

■TOSHIが「億は超える」借金背負っていると明かす

 今回の騒動は2010年1月16日、スポーツニッポンが、TOSHIさんが香夫人と離婚に向けた話し合いを始めたなどと報じたのが発端だ。これを受ける形で、TOSHIさんは翌1月17日夕方、大手SNS「ミクシィ」上の自らの日記を更新。約1900字にわたる長文だ。

 日記では、自らの活動で売り上げた金額の全てが、「ホームオブハート」と関連会社に渡っており、自らは「ホームオブハートのために無償で働くただの従業員に過ぎなかった」と告白。多額の借金を背負った結果、自己破産の申し立てをし、破産宣告を受けたことを明かした。

 18日に都内で開いた会見でも、TOSHIさんが

  「お金を返して下さい」

と訴える一方、担当弁護士は、TOSHIさんが「億は超える」額の債務を背負っていることを明らかにするなど、金銭面で抱える問題は、相当に大きなもののようだ。

 また、TOSHIさんのミクシィの文章では、

  「(妻)守谷香氏は、私との家庭生活よりも(編注: ホームオブハート主宰者の)MASAYA氏と共に暮らすことを選び、これまで毎日、現在に至るまで10年間、(編注: ホームオブハート所在地の)那須で生活しています」

と、結婚生活が10年前から破たんしていることを暴露。香夫人と離婚調停を進めていることを明らかにした。さらに目を引くのが、終盤にある

  「これまでの言動やブログの文章等で、仕事のためやむを得ず、自分の意思とは反して偽りを伝えたことも皆様にお詫びいたします」

という文章だ。著名人が、これまでの自らの発言をうそだと認めて謝罪するのはきわめて異例だ。

 TOSHIさんは09年10月30日に「長年の誹謗中傷のストレス」を理由に長期療養を発表していたが、発表以前の段階の日記では、とても「長年のストレス」を想像することができない文章が並んでいる。TOSHIさんはミクシィ上で日記を始めたのは09年2月だが、連日のようにイベントの様子が綴られている。長期療養が始まる直前の1か月を見ても、その多くが「ハイテンション」なものだ。

■香夫人も2度にわたってブログを更新

 例えば10月4日には

  「夜は友人の会社のイベントで内輪のイベントで滋賀県へ。 今日も一日はりきっていくぜ~!」

と意気込み、10月10日には自らの誕生祝いに触れ

  「たくさんのメッセージ、プレゼントほんとにありがとう(中略)新曲もすごいのできました」

などと喜びを綴っている。その後も、

  「新たなるスタート はりきっていくぜ~!! 」(10月11日、11~12月のイベント日程を紹介)
  「今から、広島県尾道市で、 TOSHI with T-EARTHのライブです。 楽しみです! ティーアース!! 」(10月18日)

と、きわめて前向きだ。

 今回のTOSHIさんの発表は、これらの記述がウソであったことを明らかにした形だが、周囲の受け止めは総じて好意的だ。日記のコメント欄には20分間で約500件のコメントが寄せられ、

  「目覚めて本当に良かったですね」
  「本当の意味での復活、楽しみにしてます」
  「ずっと苦しかったんですね…でも大丈夫です!! 」

といった「擁護コメント」があふれている。

 一方の香夫人も、1月17日に2度にわたってブログを更新。1回目の書き込みでは

  「わんくぅ(編注: 香夫人の芸名)にも、何がおきてしまっているのか…わかっていないのです」

と困惑する一方、2回目の書き込みでは、

  「メッセージを拝見させていただきました…。なみだで…パソコンが見えなくなってなってしまいます…。ありがとうございます…(中略)大切な人には…しあわせになってほしい…」

などと読者への感謝を綴っている。コメント欄に寄せられたコメントの数は、記事2本分をあわせても100に満たないが、

  「何もmasayaさんとの決別のためにあなたと別れようとするtoshiさんは正直どうかしてると思います」
  「また、変な嫌がらせですよ。いわゆるお金を稼ぐために、変な噂を流した人がいるのでしょう」
  「一部報道がありましたが…私は信じたくないです」

などと香夫人を擁護、ひいてはTOSHIさんを批判するものが大勢だ。


■関連記事
Toshiが語る 「X JAPAN」再結成の真相 : 2008/06/09
Toshi 裁判で完敗「X JAPAN」復活消えた!! 」: 2007/02/27
「南米滞在中」TOSHIに起きた ハッピーなこと : 2008/10/12
女性のミタメネンレイ 夜は「5歳増し」 : 2010/01/05

<人事>最高裁(24日)(毎日新聞)
<ハイチ大地震>自衛隊派遣準備を指示 防衛相(毎日新聞)
<センター試験>得点調整は実施せず(毎日新聞)
<新素材>98%水…医療などで利用期待 東大チームが開発(毎日新聞)
菅家さんの録音テープ、報道陣への配布見送り(読売新聞)

ヤミ専従書類改ざん更迭、農水前秘書課長が復帰(読売新聞)

 農林水産省は、ヤミ専従疑惑を隠蔽(いんぺい)し、書類を改ざんしたなどとして更迭された松島浩道・前秘書課長(51)を、同省の農林水産政策研究所政策研究調整官(課長級)とする人事を発令した。発令は16日付。

 松島前課長は2008年春、全国の農政事務所などの出先機関に対し、勤務時間中に組合活動を行うヤミ専従をしている職員の有無を調査。142人にヤミ専従の疑いが浮上しながら、組合に事前通告するなどゼロになるまで調査を繰り返した。さらに、こうした行為を隠すため、09年1~2月の読売新聞の取材に対し、調査日などを改ざんした偽文書を示した。

 松島前課長は昨年3月に更迭されて官房付となり、同7月に減給3か月(10分の2)の処分を受けた。刑事告発の是非を検討する同省の法令遵守(じゅんしゅ)委員会は同9月、「虚偽公文書作成の罪が成立する」としながらも、松島前課長が処分を受けていることなどを理由に告発を見送っていた。

 同省秘書課は「すでに処分を受けており、新たな職場で頑張ってもらうことにした」としているが、神門(ごうど)善久・明治学院大教授(農業政策論)は「刑事告発されてもおかしくない幹部をまた課長級に戻すのは、身内に甘い農水省体質の表れ。不祥事の再発を防ぐという思いが感じられない」と批判している。

<イカ型ロボ>小型軽量化した新型2種が完成(毎日新聞)
市役所に迷惑メール20万通、兄弟を逮捕(読売新聞)
不破前議長、引き続き要職に=准中央委員は大幅若返り-共産(時事通信)
<人工歯根>使い回し疑いの歯科医院長、自殺図る 愛知(毎日新聞)
<強盗>男が店員縛り65万円奪う 大阪・DVD販売店(毎日新聞)

野党3党「政治とカネ」集中審議要求で一致(読売新聞)

 18日に召集された鳩山政権発足後初の第174通常国会は、「政治とカネ」の問題を巡って、2009年度第2次補正予算案を審議する予算委員会の日程が決まらず、冒頭から与野党対決の様相となった。

 今年度第2次補正予算案の1月中の成立を目指す与党は18日、衆院予算委員会の理事懇談会で「補正予算は国民生活との関係が深い」と主張。菅財務相の財政演説に対する代表質問後の21日から、補正予算案の基本的質疑に入るよう提案した。

 これに対し、自民党など野党側は、昨年の臨時国会で要求した鳩山首相の偽装献金事件、米軍普天間飛行場移設問題の集中審議に対する回答がないことを理由に応じず、物別れに終わった。19日に再度協議する。

 政府・民主党は18日、首相官邸で首脳会議を開き、補正予算を1月中に成立させる方針を確認した。与党側は、1月末に首相の施政方針演説を行い、衆院選の政権公約関連予算を盛り込んだ2010年度予算案を3月中に成立させる日程を描く。

 一方、自民、公明、みんなの党の野党3党は18日、国会対策委員長会談を国会内で開き、補正予算案の審議に入る前に、「政治とカネ」をめぐる集中審議を開催するよう与党側に求める方針で一致した。自民党は、民主党の小沢幹事長の参考人招致にも言及した。与党側は拒否する見通しだ。

 財政演説に対する各党の代表質問は衆院で19日、参院で20日にそれぞれ行われ、与野党の論戦がスタートする。

【中医協】診療報酬上の地域への配慮、次期改定は見送り(医療介護CBニュース)
<火災>住宅全焼 姉妹2人焼死か 千葉・市原(毎日新聞)
<政党交付金>初めて民主党が自民党を逆転 衆院選圧勝で(毎日新聞)
「自分に都合よく発言」平松市長、また橋下知事に反発(産経新聞)
センター試験2日目始まる=札幌などで開始繰り下げ(時事通信)

銀行破綻で自宅保管=資金口座「父親から」-小沢氏、聴取で説明へ・土地購入原資(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏が土地購入代に充てたとする資金を現金で保管していた理由について、「銀行の経営破綻(はたん)が相次いだため、引き出して自宅に置いていた」と周辺に説明していることが21日、関係者の話で分かった。口座は衆院議員だった父親から引き継いだと話しており、近く行われる東京地検特捜部の事情聴取にも、こうした説明をするとみられる。
 特捜部は、引き出した額が土地代金と一致せず、購入まで6年間も現金で持っていたのは不自然と判断しており、土地代金にはゼネコンからの資金などが充てられた疑いがあるとみて調べている。
 小沢氏は土地購入代に充てた4億円の原資について、「口座に積み立ててきた個人の資金」と民主党大会で説明した。特捜部がこの口座を調べたところ、土地購入の約6年前の1998年ごろ、約3億円が引き出されていた。
 周辺関係者によると、小沢氏は、口座から引き出した現金を自宅で保管していた理由について、「98年ごろに銀行が相次いで破綻したため、資金の一部を口座から引き出し、家に置いていた」と説明しているという。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

平泉と小笠原諸島、世界遺産推薦を決定…政府(読売新聞)
医療機関の倒産が過去最高を記録(医療介護CBニュース)
<牛久強盗致死>水戸地検、男らを不起訴処分…18日で時効(毎日新聞)
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」(産経新聞)
「鳩山vs谷垣」初対決…偽装献金・小沢氏問題(読売新聞)

「指揮権発動、一般論としてある」…千葉法相(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)らが逮捕されてから初の閣議後記者会見が19日午前、各省庁で開かれた。

 千葉法相は、「個別事件についてコメントはしない」としながらも、「一般論として指揮権を発動することはある」と発言した。

 法相は、検事総長に個別の捜査や起訴、不起訴の処分について指揮できる。指揮権は戦後、1954年の造船疑獄事件の際に一度だけ発動され、佐藤栄作自由党幹事長(当時)の捜査が事実上頓挫する一方、犬養健法相(同)も辞任に追い込まれた。

 一方で、千葉法相は「捜査は公平公正に行わなければならないし、基本的にはそのような捜査が行われていると考えている」とも述べた。

 また、中井国家公安委員長は「小沢さんの性格だから根幹的なことしか答えない。説明不足になるのでは」と小沢氏を心配する一方、「批判するつもりはないが、特捜部にも説明責任がある」などと語った。

 このほか、前原国土交通相は、「土地の購入資金の原資を調べているようなので、複雑なお金のやりとりの背景を話し、説明責任を果たしてほしい」と、小沢氏が事情聴取に応じるべきだとの考えを示した。

【再生の街 水谷門下生の震災15年】(上)神戸市灘区・六甲道駅南地区(産経新聞)
<鳩山首相>アフガン支援で日独協力を確認 独副首相と会談(毎日新聞)
高見順賞に岡井、岸田両氏(産経新聞)
ひったくり防止のバッグ 杉並区が作成(産経新聞)
政治とカネ、どこ吹く風 民主「予算優先」(産経新聞)

共産党、連立参加を視野? 党大会、柔軟路線を強化(産経新聞)

 共産党の第25回党大会が13日、静岡県熱海市の同党施設で4年ぶりに4日間の日程で開幕した。志位和夫委員長は大会決議案に関する中央委員会報告で、これまで敵視していた米国や経済界との関係について柔軟路線を打ち出し、保守を含む国民各層と「統一戦線運動」を進めると宣言した。今夏の参院選対策を強く意識すると同時に、将来の連立政権参加の布石とする狙いがあるようだ。決議案は最終日の16日に採択される。(榊原智、原川貴郎)

 ■委員長、熱弁3時間

 「参院選の勝利が最大の任務だ。戦い如何(いかん)では、政党間の力関係を大きく変える可能性をはらんでいる。いつまでも国政第4党に甘んじていてはいけない」

 熱海市内の山中にある党伊豆学習会館の付属講堂で、1062人の代議員らを前に志位氏は約3時間にわたり熱弁をふるい、参院選で比例代表5、東京選挙区1の計6議席以上の目標に向かって全力投球するよう指示した。

 「建設的野党」を標榜する共産党だが、演説と大会決議案は、将来の連立政権参画を意識したことがうかがえる。志位氏は「21世紀の早い時期に民主連合政府を樹立する」ことを「大志とロマンある私たちの目標」と語った。

 対米姿勢の柔軟化もその一環とみられる。もちろん、アフガニスタン戦争などを「覇権主義」と非難し、米軍普天間飛行場の無条件撤去や鳩山政権は「異常な対米従属」と断じる主張は変わらない。

 だが、決議案に「日米安全保障条約の解消」には「国民多数の合意が必要である」との条件を新たに明記した。日米安保下での連立政権に参加を模索していることの証左といえる。

 共産党は米大使館の書記官を来賓に招いていたが、書記官はこの日姿を見せなかった。

 ■経済界への姿勢も…

 決議案は経済界への姿勢も変え、「経団連や大企業と会談し雇用への社会的責任を果たすよう求めた」と強調。これを「政権を担う党への力量を高めていくプロセス」と位置づけた。

 自民党の下野については「農協、医師会、歯科医師会、自治体関係者など保守層に大変動」が起きたと分析。保守勢力や連合を含む国民各層と「共同」で「統一戦線運動」を進めるとしたことも特筆に値する。

 16日には志位氏、市田忠義書記局長らが留任する人事を決める見通しだ。

 ただ、柔軟路線が成功する保障はない。各党や保守層には共産党アレルギーが強く、参院選では民主、自民両党のほか、伏兵の「みんなの党」もある。政界再編を見据えても、他党に共産党との連携を視野に入れた動きは見あたらない。

【関連記事】
【記者ブログ】共産・志位委員長が「小沢さん、よく憲法を読んで」
小池晃氏に聞く(下)今求められる共産主義のロマン
民主と中国共産党が定期協議 小沢氏らは屋形船で歓待
民主が共産票に熱視線 「反自公政権」色にひそかな期待も
共産・志位氏が民主を痛烈批判「国民的大闘争を」

センター試験前に必勝祈願、スパート(産経新聞)
<小沢幹事長>「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
「党大会に合わせた逮捕」小沢幹事長、検察と対決姿勢(産経新聞)
外国人参政権法案 政府、通常国会提出へ 反対根強く調整難航も(産経新聞)
首相動静(1月15日)(時事通信)

日韓外相が会談へ=北朝鮮核問題など協議(時事通信)

 岡田克也外相は16日午前、都内で韓国の柳明桓外交通商相と会談する。北朝鮮の核問題や、地球温暖化防止対策での協力について協議するほか、経済・文化などの分野での日韓の交流拡大をめぐり意見交換するとみられる。
 北朝鮮問題では、6カ国協議への早期復帰を促すため、日韓に米国を交えた連携強化を確認。経済連携協定(EPA)締結交渉の進め方も議題となりそうだ。 

震災から15年 妻亡くした82歳桜井さん 京連鶴に思い連ね(産経新聞)
<高校生デザイン賞>「銀の卵」賞など決まる(毎日新聞)
神様がくれた最高のアルバム 橘先生が手紙(産経新聞)
<大豆>理研などがゲノム解読 品種改良の効率化に期待(毎日新聞)
不審死男性への詐欺容疑=女を再逮捕へ-埼玉県警(時事通信)
プロフィール

はるやまあきはる

Author:はるやまあきはる
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。